26才になりました。正直、誕生日の嬉しさよりも恐怖感の方が強い。

この4月で26才になりました。

 

25までは、いうてまだ若い子のつもりでいたんですよ。数字的にギリギリ20代も半分地点っていう感覚で。

会社で働き初めて2年も経たないからまだまだ新人扱いしてもらえていたし、ナンパもされるし、徹夜だってできちゃうし、膝上スカートだって身につけられるし、バサバサにつけまつげを盛ったっておかしくはない。

しかしいやはや、26っていうのはな…数字的にもいよいよアラサー感が拭えないなと思うわけです。

『女の子』ではなく『レディ』とか『女性』になっていかないといけない。自分よりも若い子からみたら『おばさん』に分類されることだってありうる。ネットにはアラサーなんて性的魅力を感じない『ババァ』であるというひどい言葉も溢れている。

大人になることのいい事と悪い事

20才になったときにはあまり感慨がなかった。正直、成人式にも出ていないし学生だったし、お酒を飲む機会も少なかったので。

自分が『大人』になったと思ったのは、社会人になってから。

自分でお金を稼ぎ、実家を離れて一人暮らしを始めて、体面的には自立をしたという形をとったのが私の『大人』のスタートだったのだと思う。

4年制大学を1年留年している4月生まれなので、23才もほとんど終わろうという時に私はやっと大人になったのだ。

つまり、感覚としては大人になってまだ大体2年くらい。

最初の1年は、環境の変化が楽しくて、『大人』っていいなと思っていた。

一人暮らしだから、経済的に可能な範囲なら家具も好きなものを買って、好きなものを好きなタイミングで食べて暮らせばいい。歌いながらPC作業をしても誰にも迷惑をかけない。

高額ではないけど税金だって納めているので、社会的な義務も果たしている。

好きにやれる度合いが学生の時より高いのは、大人のいい面だと思っている。

 

しかしいい面があれば悪い面もあるわけで。ここ最近1年は、大人になる事の負の面を感じていた。

ざっくりいうと、『若い子バリアが効かない』である。

『若い子バリア』に甘えていた?

多少無知でも、失礼なことを言っても、ろくに働いていなくても、個性的なオシャレをしても、ある程度若い子なら「まぁまだあの子は若いんだから…」で許される感があるような気がしている。特に女は女だってだけでちやほやされてしまうことがあるから、自分でも無意識に免罪符にしていた部分は多いのだろうと、最近思うようになった。

知識や常識がないのも、若い子なら「初めてなら仕方ないね」で済む。

知人程度の人に「え〜恋人いないんですか〜?普通にいそうなのに〜」「ぽっちゃりしてるの可愛いですよね〜」って人にいうのも、失礼でも生意気でも、怒られることはそんなにないと思う。

フリーターやニートだって、若い子なら、「夢があるのかもしれないし、まだまだ人生これからだしね」って話。

ゴスロリふりふりピンクのお洋服だって、へそだし露出のお洋服だって、好きなファッション楽しんでるのいいね!ってな感じだ。

「イケメンのお金持ちと結婚して、専業主婦で子ども3人と幸せな家庭を作りたいの!」って夢を語ったところで、若いなら望みがある。

 

これがそう、アラサーになるとじわっと厳しくなってくる。

 

常識ない・知識ないって、今まで何してきたの?人に甘えてきたの?ちょっと上から目線で「かわいい〜」って何様なのそういう自分がかわいいとでも思ってるの?いい歳こいてろくに貯金もできない暮らしとか計画性ないの?まだ結婚もしないの?子供は?奇抜なファッション、品がない。ついでに健康も気になりだす。食べたら食べた分太るし、シミもできるし、筋肉痛は遅れてくる。エトセトラ、エトセトラ。

ちやほやされたかった。でももう、『女の子』である私は消えつつある

そう、若いから与えられていた物はこれからどんどん減る。

若いってだけで可愛がられて大目に見られて多少無茶の効いた私はもういない。

可愛がられて大目に見られていたかもしれないが、本当はそんなの、自分の実力を褒められた訳でもなんでもなかった。

本当ならこの無茶の効いた期間に努力して、何かしらの力をつけて、中身の詰まった人間になっていくべきだった。

美しいメイク術かもしれない、仕事の資格や知識かもしれない、軽快なトーク術かもしれない、あったかい家庭かもしれない、丈夫な体かもしれない、まとまった貯金かもしれない、打ち込める趣味かもしれない、中身って言うのは人それぞれだけれど、私には正直どれも誇れるものがない気がしている。

 

怖いなぁ。失われていく『若さ』はこれからなんの盾にもなってくれないんだ。

 

ちやほや…と言うか、人に認められたい、すごいねって言ってもらいたい。

承認欲求みたいなものが人一倍強い自覚はあって、それは多分自分が自分を誇ってあげられていないからなんだろうとは気づいている。

 

どうやったら自分を誇れるのか。他人にも認めてもらえるのか。

迷走している、焦っている、怯えている。

私には、何ができるのかな。

デザインしたり絵を描いたりするのは好きだけど、実力として認めてもらうってどうやったらいい?

アラサーとして大人として、強く生きる方法を模索していきたい。これからは『価値のある人間』として認められるように。

SPONSORED LINK
関連記事
  • 没デザインアーカイブ 2020年7月 没デザインアーカイブ 2020年7月
  • 没デザインアーカイブ 2019年8月 没デザインアーカイブ 2019年8月
  • お金=信用という話。 お金=信用という話。
  • 【緑内障闘病記】20代でも緑内障になるということ 【緑内障闘病記】20代でも緑内障になるということ
  • 没デザインアーカイブ 2019年1月 没デザインアーカイブ 2019年1月
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA