2020.02 第27回名古屋造形大学 卒展アーカイブ

今更なんだけど、2020年2月18日(火)〜24日(月) に開催していた第27回名古屋造形大学 卒展を見学に行っていたので感想などをまとめておきます。

私ね、学生さんの卒展見にいくの大好きなんですよ。

高尚な美術・デザイン作品とはまだまだ言えないものが正直多いけれど、その分熱量とかやりたいことが溢れていて、「ああそうだ、ものづくりって楽しいよね!」っていう気持ちを思い出させてくれる感じがする。

仕事として大人の事情がんじがらめの商業デザインをやっていると、あったはずの純粋な気持ち、忘れていることがあって。

でも、他の人の楽しそうな作品見ると、「私もたのしい事したい、負けてられるか。」って思えて、前向きなやる気が出てくるんですよね〜。

今年は、開催できなくなっちゃった卒展も多かったので、ここだけでも観に行けてよかった。

個人的に素敵だと思った作品をピックアップ

Fleur -フルール-(田中絵梨さん)

線画イラストと写真のレイヤーが綺麗

性の在り方の表現、繊細な問題なんですが、根っこはどの性も共通…

 

グラフィックとして完成度が高いなと思った作品でした。

LGBTというテーマで、4種のアーティスト曲のデザインをしています。

世界観の表現がまとまっていて、とても美しい。レイヤーの表現は展示映えしてました。

robot heroes(森正響一さん)

無数の黄金のちっちゃなヒーローが並ぶ作品。

陶器作品だそうです。

よく見るとどれもデザインが違っていて、作り上げた根気と圧倒されます。愛がなきゃできないよなぁ。

彩映(髙井さくらさん)

日本の伝統色を擬人化したというイラスト作品。

色の擬人化っていう発想がまず自由でいいなと思います。

『伝統』が『今っぽい』表現で描かれているっていうこのリミックス感。

キャラクターも個性豊かで可愛い。この子たちの絡みを見てみたい!

pieni puisto(清水さつきさん)

女の子らしいイラストを活かしたブランドデザイン

モックアップのクオリティが高かった

ゆるかわナチュラルなイラストの雑貨・ファッションのブランディングデザイン。

自分の『好き』を詰め込んで作ったんだろうなぁと思えて素敵でした。学生の自由さを活かした作品でいいですね。

これモックアップ(展示見本)作るのに結構なお金かかっているんじゃないか…?そういう意味でも頑張ったんだろうなぁ。

わたしの図書館(細川栞里さん)

本の装丁をデザインするっていうのは、イラストを描く人間なら誰もが憧れるよね。

正直、発想自体は学生卒展ではありがちなものではあるんですが、数もクオリティも高くて素晴らしかったです。実在する本をモチーフにして、物質として本物っぽい展示になっているのも良いなと。

Untitled/Untitled(window)(杉谷遊人さん)

2点の抽象洋画。結構な大判サイズでした。

タイトルもついていないので、何を描いたものなのかな?と考えてしまいますね。

水面と、ガラス張りの空間…?明確な答えは出ませんが。

テキスタイルにしても綺麗になりそうだなぁと思いました。スカーフとかワンピースにしたい。

人と人がつながる〜やすらぎの木造仮設住宅〜(中島里穂さん)

おしゃれな仮設住宅

説明もイラストの使い方が上手いです

岐阜市長良地区を題材に、仮設住宅の新提案をした作品。

従来の仮設住宅ってプレハブで無骨で、避難をしなければならない状況でそういうのって余計気が滅入るよなぁと思うので、自然素材の温もりがある仮設住宅っていいなと思いました。バリアフリーや人との交流、プライバシーにも考慮しているようです。

仮設と言わず、単身や子なし夫婦向けのコンパクト住居としても行けないのかなと思ったり。三角屋根の並ぶビジュアル可愛いので、こんな住宅街あっても素敵じゃないか?とね…。

地域ブランディングとして本格プロデュースしたら住んでみたいよなぁ。岐阜はブランド杉もあることだし。

まとめ:昨年度の卒制展も力作揃いで刺激になりました

有藤は美大的な学校を出ていないので、卒制ってちゃんとやらなかったんですよね。デザイン系ではあったんだけど、工業色が強い学科だったんで…。自分の興味を活かした作品を、時間をかけて作れるっていいなって改めて思います。

今の私にはそこまでの時間はないけど、でもやっぱりものづくりは楽しいこと。

若い感性とエネルギーに負けないよう、私もデザインの仕事や趣味の創作頑張っていきたいです!

受けた刺激が消えないうちに、自分で好きって誇れる作品を作るぞ!

 

SPONSORED LINK
関連記事
  • 没デザインアーカイブ 2020年7月 没デザインアーカイブ 2020年7月
  • 吉田ユニ個展『Dinalog』感想などを今更ながらまとめておく 吉田ユニ個展『Dinalog』感想などを今更ながらまとめておく
  • 【制作実績】恵那峡リニューアルイベントウィークチラシ 【制作実績】恵那峡リニューアルイベントウィークチラシ
  • 紙面のデザインをひらすら褒める #2020年5月 紙面のデザインをひらすら褒める #2020年5月
  • 紙面のデザインをひらすら褒める #2020年4月-2回目 紙面のデザインをひらすら褒める #2020年4月-2回目
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA