紙面のデザインをひらすら褒める #2019年10月

おつかれさまです、有藤です。

今月も、雑誌のデザインをひたすら褒めるやつをやっていきますよ。

ちなみに前回書いた記事はこちらだよ→紙面のデザインをひらすら褒める #2019年9月

ところで、有藤はamazonの電子書籍読み放題サービス『kindle unlimited』に登録しております。unlimited対象雑誌は追加料金なしで読めちゃうんですよね。

ブログで書いてる雑誌の多くはunlimitedで読んでるやつっす。

月に2冊雑誌買うならモト取れちゃうし、気軽なので重宝してます。初回はお試し1ヶ月無料なので、まだ試したことないって人にはオススメっすよ。

01.個性的なフォントは部分使いが大正義

OZ MAGAZINE(オズマガジン)2018年10月号 p.131

年号の数字に癖があってかわいいなぁと思ったやつです。ステンシルみたいな書体!

個性的なアイテムって、ワンポイントに使ってあげるくらいでいいんですよね。

ファッションとかでもそうだと思う。全部ゴテゴテ個性的にしちゃうと変人みたいになるし、かといって全部ベーシックでもつまらない。

左上のオレンジ枠の中も、年号傾けてあったりして、こっそり癖がある。

インデックスの入れ方も秀逸よね。インデックスって外向きじゃなくて内向きでもいいんだなって。

02.さりげない文字重ね

KIITOS.キイトス VOL.14 p.22

黒英字がメインで目立たせたい部分だと思うのですが、同程度の大きさで日本語が入っています。

ちょっとだけ重ねてあったりして、写真からもはみ出す・はみ出さないの違いがつけてあって、レイヤー(階層)感による奥行きを出しているのがささやかながらも上質な工夫。

スキンケアの紹介ページだから、すっぴんのような透明感を意識しているのかな?澄んでるね。

03.文字色でリズムを生む

KIITOS.キイトス VOL.14 p.07

続いてもKIITOS. より。『s』だけ黒字になってるのがテンポのいいリズム感を産んでる!

多分音にしてもかわいい。声に出して読みたくなるようなタイトル。キイトスニュウストピックス。いいね、ラジオのコーナージングルみたい。

モノクロでも「タイトル感」って出せるんやなぁ。

コンパクトにまとめるためにtopicsの『i』が上の『w』に近すぎるんですけど、白枠をつけるような形で処理してますね。全体の塊感を取るための犠牲。

03.サイドのカラーでコーナーとしてのまとまりを出す

MINA(ミーナ)2019年11月号 p.90

見開きで両サイドに色が使ってあるので、コーナーとしての区別がわかりやすいなって思ったページ。

使用されている写真にも緑〜青の色が入ってるから、全体的にまとまったトーンになってます。レイアウトが自由でもうるさくならない。

コーナー名を縦に入れるのも雑誌ではオシャレっぽく見せるための常套手段だけど、お家のアイコンもついてるのがかわいいね。

04.型は破るためにある

GOETHE(ゲーテ)2019年11月 p.105

レイアウトが楽しいねと思ったページ。こういうのは紙で見た方が楽しいかもしれないやつ。

見開きの中央、黒いコートの右側の肩のあたりなんです。隣接する写真との間じゃなくて。

枠に収まった配置じゃないのが、我が道を往く感じでいいね!

GOETHEではコピーの書体に平体処理をかけたものをよく使っています。このページも『最もスリムな〜』ってとこが潰れてる。

平体って、基本的には縦組みで文字数が多すぎて入らない場合などで文字の高さを縮めて入れる苦肉の策だと思うんですけど、男性誌においては力強さみたいなものの演出にも使うんかな…って新鮮。

05.大胆な柄の枠は印象的だけど白ベース

OZ MAGAZINE(オズマガジン)2019年4月号 p.89

ナポリタン特集のページ。コーナーごとに印象を変えたい時に枠をつけるのはあるある手法だけど、柄がざっくり大胆なので、下地の白は生きててすっきりまとまってるのがいいなと思ったページでした。

やりがちだけど、色ベタ敷くとちょっと重くなることもあるもんね。

細かいけどフォークと麺のワンポイントアイコンきゃわわ。

 

 

10月の雑誌を読む回はこんな感じで!雑誌読むのは楽しいなぁ。

by
SPONSORED LINK
関連記事
  • SHIROとUZU、それぞれのブランドリニューアル。失敗と成功の理由を考察する。 SHIROとUZU、それぞれのブランドリニューアル。失敗と成功の理由を考察する。
  • 有藤個人名刺 有藤個人名刺
  • グラフィックデザイナーに読んでほしい漫画5選 グラフィックデザイナーに読んでほしい漫画5選
  • 恵那峡レイクサイドマルシェ ビジュアル制作 恵那峡レイクサイドマルシェ ビジュアル制作
  • 鈴鹿大学TSUNAGUプロジェクト セミナーチラシ 鈴鹿大学TSUNAGUプロジェクト セミナーチラシ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA