没デザインアーカイブ 2019年8月

相変わらず、悲しいタイトルですね。

有藤は趣味と、あとは賞金が稼げたら良いなーという淡い期待からちょこちょこデザイン公募に応募しています。

登竜門公募ガイドなどの情報サイトで、気になるのがあればちょこちょこ出してるって感じです。

まぁ95%負け戦ですが、常にトレンドを追い、失敗を重ね、知識を得ることでしか成長ってできないと思うので地味ながら続けています。

負けたデザインは世にも出ないので、せっかくなら公開してみようということでまとめていきます。

前回の没デザインアーカイブから約半年。公募応募のペースが地味に落ちてるので、もうちょっと応募回数上げていきたいなぁ。

数撃ちゃ当たるとも限らないけど、数撃たなきゃ当たるもんも当たらんもん。

もし没デザインに対してアドバイス・感想等あったらどしどしご意見くださるとありがたいです。有藤はデザイン強くなりたい。

 

滋賀県「第72回全国植樹祭」ロゴマーク

滋賀県で行われる植樹祭のロゴ公募でした。文字等は無しでマークのみの募集。

応募した作品は上記2点でした。

(1)琵琶湖のシルエットに、植物と人を描いたもの。

(2)”植樹祭”だし木を主役にしつつ、水(琵琶湖)・自然・人の共存をイメージしたもの。

正直本命は(2)だったのですが、掠りもしなかったね、あーあ。

ここで採用作品を見てみましょう。

【作者】松岡英男(まつおかひでお)さん/山形県山形市

引用元:滋賀県公式サイト|第72回全国植樹祭の大会テーマおよびシンボルマークが決定されました!

 

あら可愛い。

正直これをみて思ったのは、採用側が『親しみやすさ』とか『老若男女愛される』って感じに重きを置いていたのかなぁということ。

手書きっぽいゆるさがあるので、ロゴとしてかっちりした感じは控えめなんだけど、とっつきやすさはあるのかなという印象です。

琵琶湖・芽・笑顔、というようなモチーフはありがちなんだけど、差し色の黄色とピンクでバランスをとるやり方は、私では出てこないだろうなと思いました。

可愛い色のバランスにまとまっていますねえ。いい意味で『行政っぽい堅さ』がない。

 

引用元:滋賀県公式サイト|第72回全国植樹祭の大会テーマおよびシンボルマークが決定されました!

 

上記は他の入選作品ですが、どれもちょっと可愛めの印象。こういう感じがお好みだったのですね、っていうのがよくわかる。

今回に関しては、私の作品はその路線から外れているので、そりゃかすらんわなぁ…。

 

令和元年度「トラックの日」ポスターデザインコンテスト

毎年行われている全日本トラック協会による公募。

全日本トラック協会では10月9日を「トラックの日」とし、毎年この日を中心にイベント等を実施しトラック輸送の役割、重要性をPRしている。

その後方落としてのポスターのコンペ。

有藤の応募作品はこちら。トラックが、日々の暮らしを守ってくれているんだよっていうイメージ。

正直良くなかったなぁと思うのは、フリー素材しか使っていない間に合わせデザインで、しかも時間もなくてギリギリになって焦って提出したこと。

もっと丁寧にブラッシュアップできればよかったなぁと思うのですよね。

余裕持って制作すること大事。

 

一方、下がグランプリ作品です。

泉谷高春 氏(神奈川県)の作品

引用元:全日本トラック協会 令和元年度「トラックの日」ポスターデザインコンテストの結果について

昼と夜の対比が印象的な作品になっていますね。トラックが日夜生活を支えているというイメージがわかりやすいなぁと思います。

過去の公募作品を見る感じ、イラストのものが少なかったのですが、今回はちょっと雰囲気が違うのが新鮮。

 

クリエイターズマーケットロゴ

東海エリアでは最大規模の、クリエイターがオリジナル作品を販売するイベントのロゴ公募。

クリマが20周年という区切りを迎えるにあたって、ロゴも刷新するということで募集されたようです。

有藤はよく遊びに行くイベントなので、せっかくなら入賞したかった。

応募デザインはこちら。

 

(1)『つながり』をテーマに作成。

赤い線は、クリエイターとイベント参加者(購入者)らのつながりを表します。

自由な発想でものづくりを楽しむクリマの在り方を表現すべく、文字は一部変則的になっています。

アイコンは頭文字のC とM を組み合わせた形で、人の良い出会いを表しました。

(2)『ワクワク』をテーマに作成しました。

ロゴの赤いポイントは、!と+です。未来的な印象になるよう、斜線で構成しました。

ものづくりの生産性を『+』で示し、それに出会う発見を『!』で示しました。

色構成としては、旧ロゴを引き継いでいるので、過去を踏まえて未来に向かうイメージです。

 

はい。一方で、採用作品はこちらでございます。

柴薮綾介さんの作品

引用元:クリエイターズマーケット公式【発表】新ロゴコンペ結果

CとMで、マルシェテントを描いているんですね。アイコンとしても使いやすく、イベントのイメージも湧く、シンプルで強いロゴだと感じました。

黒一色で構成というのは、汎用性高いよな。

 

今回のデザイン反省まとめ

今回の応募作品には全体的に言えることなんですけど、期限ギリギリになって焦って提出する傾向にあるのは本当によくない癖だなぁと思います。

ブラッシュアップしないと、やっぱりいい作品はできないよね。

仕事でもないと後回しにしがちではあるんだけど、応募するからには勝つ確率をあげる努力をしないとなぁ。

クオリティ高いものを作れるように心がけることは、遠回りながらも自分の実力アップにも繋がっていくんじゃないかなと思うのでね。

by
SPONSORED LINK
関連記事
  • SHIROとUZU、それぞれのブランドリニューアル。失敗と成功の理由を考察する。 SHIROとUZU、それぞれのブランドリニューアル。失敗と成功の理由を考察する。
  • 有藤個人名刺 有藤個人名刺
  • 紙面のデザインをひらすら褒める #2019年10月 紙面のデザインをひらすら褒める #2019年10月
  • グラフィックデザイナーに読んでほしい漫画5選 グラフィックデザイナーに読んでほしい漫画5選
  • 恵那峡レイクサイドマルシェ ビジュアル制作 恵那峡レイクサイドマルシェ ビジュアル制作
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA