現代を生き抜く処世術としてのビジネス本『しょぼい起業で生きていく』を読みました

『しょぼい起業で生きていく』ってなんだ?

『しょぼい』というのが非常にキャッチーで、なんとなくフリーランスを意識しはじめている私にも役立つことがあるのかな〜と気になっていた本が、Amazon unlimited でも読めたのでざっと読んだ。

著者のえらてんさんは、大学在学中に「俺就職向いてないわ」という理由で、ろくな計画も立てずに起業。リサイクルショップやバーの経営はじめ、ブロガー、宗教家、youtuber、執筆家、投資家…と多岐にわたる活動を展開し、ある種胡散臭いとも言えるネットで稼ぐ独立者の筆頭である(失礼)。

『しょぼい起業で生きていく』は、著者の実体験を踏まえてその起業精神について解説した本だ。
この本の骨は、「これが起業で成功する方法だ!」というキラキラした主張ではない。
サラリーマンやアルバイトでつらい目にあっている人などに、「そんなに苦しまなくていい、逃げてもやっていけるんだよ」と語りかけ、そのための具体的な方法や考え方のヒントなどを示している。とりあえずはサラリーマンになって、組織で生きるのが「正しい」とされているから、それしかないと思いがちだけど、そんなことはないよっていうのが軸になっている。

世の中もう不況だし、会社だって定年まで働ける保証はない。安い給料で、満員電車に耐えて、そんなのが辛いなら、他の生き方もあるよ、と。逃げるのは悪いことではないよっていうのは、今の会社員としての働き方に希望が見出せない私にとっては救いとなりうる考え方だった。

正直、サラリーマンが合っているという人もいるのだろうとは思うので、万人に薦められる思想ではない。正直現状に不満がある人、なんでもやってみることに抵抗を感じない人、どうすれば良くなるかを常に考えられる人(考えが正しいか、成功するかは置いておいていい)だったら、一読の価値はあるのではないかな。

 

『現世は遊び。』この言葉に、肩の荷が降りた気がした。

「やりたい」から「やり始める」までが一番大変。「起業」でネックになるのはそこなのだろうと思う。
サラリーマンでいるというのはある意味、「はじめる」気力がいらないから、その生活が辛くないなら、楽ではあるんだよね。

『人は、どんな選択をしてもいつか死ぬ。現世は遊び。雑に、全力で遊びながら生きたらいい。』というような主張が、巻末の対談で書かれているのだけど、この考え方は、私にとっていいなぁと思えるものだった。

『良い子』で『正しく』生きようとしていたけど、世間や親に認められていたところで結局死ぬんだからなぁ。自分を抑圧してまで、そう生きる必要ってないかもなぁ。どうせ死んでいくのだったら、楽しく生きたモン勝ちだよなぁ。そう思えるようになった。

私は絵を描いたり、デザインをしたり、モノを作ったりっていうことが好きで。だったら、それで遊びながら暮らしていければ一番良いな。フリーランスデザイナーっていうのは、一つの『しょぼい企業』だ。

下手な鉄砲でも数打ちゃ当たる。「今、これができそう」という事業を積み重ねていくほうがリスクが少ない。最初から完璧を目指す必要もない。
私の場合は、チラシとか名刺とか、そういうちっさいデザイン制作から『ビジネス』兼『遊び』としてやっていこう、と思っていたのだけど、間違いではないのかもと思えるようになった。

 

個人が事業を始めるのに、大手の店と違うところは、自分自身が商材になりうることという主張が書かれている部分があるのだけど、それは確かになるほどなぁと思う。

セルフブランディングって言えばかっこいい?「この人に会いたい」「仕事お願いしてみたい」と思っていただけるように、まずは自分自身が楽しそうにエネルギッシュに動いて、発信したり制作したり、そして大前提、苦しくないように生きていけたらいい。そうなりたい。

 

まとめ:遊びと信頼形成を目標に、『とりあえずとりあえずやってみる。』

とりあえずやってみる。結局はこれに尽きるのだと思う。特に、会社に縛られずに生きたいと思うのなら。

無理のないところから楽しくやればいいというのが、『しょぼい起業』のはじめ方。

成功を目指していきなり大規模にガチガチに計画立てて始めなくても、大丈夫。死にはしない。

やらない奴はいつまでたっても『無』である。

ただし、事業にして生きていこうと思うのなら『信頼』は大事である。人と会って直接話したり、草むしりみたいな小さな仕事から丁寧にやったり、誠実であること。

 

私もちっさいデザイン・ものづくりからやりたいことやっていこう!

by
SPONSORED LINK
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA