私はアーティストにはなれなかった

有藤の生い立ちとアートとデザイン。

小さい頃から絵を描くのが好きだった。

小学校に入学する頃にはすでに絵の上手い子としての地位を確立していて、
自慢じゃないが、絵画コンクールの入賞は常連だったし、漫画的キャラを描くのを頼まれたりもしていた。
あまり活発な子供ではなかったのも手伝い、絵はずっと私の親友であった。
中学校に上がると部活動が始まったが、もちろん美術部に入った。
運動が苦手な、いわゆる陰キャばかりの中で、案外真面目に絵を描いていた。

確か県の美術展に入賞して、県美術館まで作品展を見に行った時、
私は初めて絵の世界で『負け』を思い知った。

アクリルのデザイン画で、とても細やかな作品を見たのだ。
作者自身の『アート』を表したとでもいうような、ペンや筆をモチーフにした作品で、アラベスク的な装飾が美しかった。
ピンクの鮮やかなラインが今でも忘れられない。

私はあの時初めて、絵で挫折したのだと思う。

なまじ頭がよかっただけに高校は進学校で、大学進学はごく自然な流れだった。
美術をやる気はもうなかった。岐阜のちっぽけな田舎でさえ、あんなに絵が上手い奴が他にもいるのだ。
そのジャンルで受験戦争に挑むのは無謀だとわかっていた。

かと言って他になにがある?

逃げ道のように私はデザインの道に進んだ。
専門学校でもなく、美大でもなく、中途半端に公立大の中にある、中途半端なデザイン学科だった。
今思えば、あのデザイン学科でもデザインの学びようはいくらでもあったし、
(実際に同級生も強いやつはデザインでのし上がってゆく)、自分の中で変にいじけて怠けていただけなのだとは思うが、
私にとっては絵が弱い半端者が一応大卒を取りに行くモラトリアム機関でしかなかった。

そんな舐めた覚悟で大学に入学し、案の定とでも言うか私は留年する。

作ることが楽しくなくなってしまった。

文字が読めなくなった。

通学のいつもの道でさえ歩くのが億劫になった。

自分の立てた計画がうまく遂行できず、苛立ち、泣くようになっていた。

つまりはうつ病だった。

就活と卒論というやるべきことの狭間で、自分が思うように動けなくなっていくのはとても惨めだった。

作ることが楽しくなっていたが、でも作ることでしか自分が認められる価値はないような気がしていた。それは今でも少しある。

投薬。休学。周囲の人たちの支援。そういうものに支えられながら、ゆるゆると回復しつつ現状に至る。

今でもデザイナーをやっているのは、結局描く…というか視覚的に表現することが好きだったからなのだろう。
デザインの良いところは、デザインは理詰めである程度良いものを作ることが可能だということだ。
アートとの決定的な差はそこにあると私は思っている。デザインは使用目的がある『解決法』の一種だから、理屈で詰めることができる。感性のアートで負けた私でも伸び代があるわけだ。
ありがたいことに、最近は仕事のデザインの中でも素材的に絵を書かせてもらうこともある。

私はアーティストにはなれなかった。そういう才能はなかった。

でもクリエイターだ。絵を描くことをはじめモノ作りが好きだ。

デザインが強くなりたい。最近やっとそう思うようになってきた。デザインが強くなりたい。
私はアーティストにはなれなかったけど、デザイナーとして生きていきたい。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA